【体験談】美容看護師の人間関係は悪い?見極める4つのポイント

美容クリニックへの就職・転職を考えている看護師にとって【美容クリニックの人間関係】は、とても気になるところですよね。

  • 美容クリニックって、プライド高くて気の強い人が多そう
  • いじめがあったりしないかな?
  • 女社会で派閥がありそう
  • 容姿のことを悪く言われたりしないかな…
  • 人間関係のいいところで働きたい!

このように、美容クリニックの人間関係について不安に感じていませんか?

わたしは人間関係を重視して男性看護師のいるメンズクリニックに転職し、その結果ほんとうに毎日楽しく働けています。

この人間関係のいい職場だからこそ、勤続8年を達成できています。

この記事では、理想の美容クリニックに転職成功したわたしが

美容クリニックの人間関係を見極めるための4つのポイント

  1. 個人ノルマがあるとギスギスしやすい
  2. 離職率の比較と中堅クラスの看護師がいるか
  3. 面接とセットで必ずクリニックの見学をする
  4. 女社会ではないメンズクリニックという選択

についてお伝えしていきます。

この記事を読むことで、「美容クリニックに就職・転職したけど、人間関係が悪いところだった…」というような失敗をするリスクを減らすことができます。

美容クリニックの人間関係は悪い?

美容クリニックの人間関係について

病院は、夜勤・残業が多く激務であり、患者さんの命を預かっている責任の重さなど、看護師の精神的・身体的負担が大きいといえます。

そのため日頃から看護師の抱えているストレスは大きく、人間関係が悪くなりやすい傾向にあります。

それに比べて、美容クリニックでは病院のような激務はなく、プライベートな時間を確保しやすい、看護師の年齢層が20〜30代が多く“お局”はいないことが多いです。

そのため、病院と比べると美容クリニックの方が人間関係で悩むリスクは低いです。

しかし、美容クリニックも基本的には【女の世界】です。

クリニックによっては人間関係の悪いところもあります。

わたしが勤めている美容クリニックはメンズクリニックですが、系列に一般的な女性メインの美容クリニックもあります。

その一般的な女性メインの美容クリニックでは、スタッフが全員女性で、「派閥がある」、「新人いじめがある」なんてことも耳にしたことがあります。

また、大手美容クリニックに勤めていた友人からは

「1度の説明で覚えろというスタンスで丁寧に指導してもらえない」

「施術ができるようになって一人立ちするまでは先輩たちと話してもらえない、挨拶も返してもらえない」

「質問したくてもできない雰囲気だった」という話も聞いたことがあります。

このように、クリニックによっては人間関係が悪い美容クリニックもあるので、就職・転職前に見極める必要があります。

人間関係を見極める4つのポイント

「悩みの9割は人間関係にある」と言われ、退職理由の上位に挙げられるのも「人間関係」です。

ここからは、人間関係が悪い美容クリニックを避けるために必要な、【人間関係を見極める4つのポイント】をお伝えしていきます。

個人ノルマがあるとギスギスしやすい

美容クリニックでは個人ノルマがあると人間関係が悪化しやすい

美容クリニックによっては、看護師一人ひとりにノルマが課されているところもあります。

個人ノルマはインセンティブとして自分の給料に関わってくるため、スタッフ同士のライバル意識が芽生えやすく、

「自分が先に営業をかけていたのに、後から声掛けしただけの人に売上を取られた…」などといった『売上の取り合い』が起こりやすいです。

このように、他の看護師に対してモヤモヤした感情やイライラを感じやすい環境にあり、スタッフ同士がギスギスしてしまうことも…。

ノルマを課しているクリニックほど給与が高い傾向にあるようですが、

人間関係の良さに重点を置くのであれば、個人ノルマがない美容クリニックに行くことをオススメします。

カウンセラーのいるクリニックであれば、看護師にノルマが課されることは少ないでしょう。

離職率の比較と中堅クラスの看護師がいるかがポイント

美容クリニックの人間関係の見極めるには離職率の比較と中堅クラスの看護師がいるかがポイント

美容クリニックでは人間関係に関わらず、入職後3ヶ月以内の試用期間中に退職する割合が高いです。

この試用期間中に退職する場合は、看護師自身が美容クリニックは自分に合わないと感じて辞めることが多いです。

美容クリニックでは看護師も営業をしなければならないところが多く、病院での看護師の仕事と比較すると、仕事内容に強いギャップを感じて辞めてしまう人は多いです。

他にも、試用期間中に美容クリニック側から本採用にしてもらえず、契約が終了することもあります。

このように、美容クリニックは特殊な職場であるために、試用期間中の看護師の離職率はもともと高い傾向にあります。

では、どうやって人間関係を見極めるのかというと

【人間関係の悪いクリニックは新人が続かない】ということを念頭に置いておくことです。

新人が続かない美容クリニックの特徴
  • 試用期間終了後〜1年未満の離職率が高い
  • どんどん新人が辞め入れ替わりが激しいので、常に新人かベテランしかいない状態になり、中堅クラスの看護師がいない

これを踏まえて、美容クリニックを検討する際には、

  • それぞれの美容クリニックで試用期間終了後〜1年未満の離職率を比較して、なるべく離職率の低いところを選択する
  • 中堅クラスの看護師がいるかを確認する

ということが大切といえるでしょう。

この1年未満の離職率を比較するには、転職サイト(転職エージェント)を利用して教えてもらうのが1番簡単な方法です。
おすすめの転職サイトについて詳しく知りたい方はこちら↓
【美容看護師53人が選ぶ】美容クリニック特化の転職サイトおすすめ3選【2021年最新版】

面接とセットで必ずクリニックの見学をする

美容クリニックの人間関係を見極めるには面接とセットで必ずクリニック見学をすること

ノルマの有無や離職率などから判断し、人間関係が悪いクリニックを回避できる可能性はある程度高くなりますが、1番重要なポイントは【美容クリニックの見学】を必ずすることです。

面接に行く時は必ずセットで美容クリニックの見学もさせてもらい、これから一緒に働くことになるかもしれないスタッフの人たちや面接官の様子をしっかりと観察しておきましょう。

美容クリニック見学における観察項目
  • スタッフや面接官の表情は暗くないか
  • スタッフや面接官は楽しそうであるか
  • 挨拶や対応の仕方など、感じ(印象)がいいか

また、面接官の中に同じ職場で働く上司(看護部長や看護主任など直属の上司に当たる人)がいる場合は、その人の雰囲気も分かるので注意深く様子をみておくといいでしょう。

可能であれば、現場で働く看護師に質問したり、実際に話してみましょう。

その美容クリニックや働くスタッフの雰囲気を肌で感じとれるので、そこから人間関係に関する情報をたくさん読み取ることができます。

人間関係に問題があるクリニックの場合、なんとなく空気が悪かったり、看護師や受付の様子がおかしいということがよくあります。

面接時は、美容クリニックや働くスタッフの雰囲気を就職前に知ることができる数少ないチャンスです。

面接に行く時は必ずクリニックの見学もさせてもらい、しっかりとアンテナを張って注意深く様子を見ておくことが大切です。

女社会ではないメンズクリニックという選択

人間関係の良い美容クリニックで働きたいならメンズクリニックを選ぶべき

これはわたしが1番オススメしたいポイントです。

就職の際に人間関係を最も重視する人の場合、そもそも人間関係が悪くなりにくいメンズクリニックを選択するのが1番オススメです。

メンズクリニックでは男性看護師がいるため、女性社会でありがちな陰湿ないじめや派閥などが起こりにくいのです。

女性社会の特徴
  • 陰湿・細かい
  • 感情的
  • 派閥ができる
  • 奇数になると仲間はずれやターゲットができやすい
  • 陰口・悪口大会が始まる
  • 裏表がある

このような女性の性質と比べて、基本的に男性は裏表がなく陰口をいったり悪口大会に参加するような人はほとんどいませんし、全く性質が異なるので男性のいる職場ではさっぱりとした人間関係を築きやすいといえます。

男性看護師は存在してくれるだけで、圧倒的に空気感が違い、職場の雰囲気や人間関係が本当に良くなるのです。

これは美容クリニックに限らず、病院でも同じことが言えます。

他科の病棟よりも男性看護師の就業率が高い精神科病棟では、人間関係に悩む人はとても少ないそうです。

わたしの友人が男性看護師が数人いる精神科病棟で勤務していますが

友人

男性看護師のいない病棟も経験あるけど、男性がいるとお局の態度感が全然違う。他科と比べて人間関係は絶対いい。

と言っていました。

実際にわたしは病棟時代の女性社会が嫌だったのと、もともとメンタルが弱いこともあり、人間関係を重視して男性看護師のいる男性専門美容クリニックに転職しました。

その結果、ストレス耐性ない激弱メンタルのわたしが、勤続8年を達成することができ、今現在も楽しく働くことができています。

よく、職場のスタッフとプライベートご飯やカラオケに行ったりするほどで、自信を持って『仲が良い、とても雰囲気のいい職場』だと言えます。

そのため、「人間関係を最も重視したい!」という方には、そもそも男性看護師のいる男性専門美容クリニックを検討することを強くオススメいたします。

美容クリニックの人間関係で転職失敗・後悔しないために

美容クリニックの人間関係で転職失敗・後悔しないために

美容クリニックに就職・転職したいと考えている看護師の方は、「美容が好き」、「美容に興味がある」という方がほとんどだと思います。

そして「好きな仕事をするのだから、きっと楽しいはず」と思う方も多いでしょう。

ですが、仕事内容と同じくらい、もしくはそれ以上に人間関係はとても重要ですし、「人間関係の良いクリニックで働きたい」というのは誰もが思うことでしょう。

記事中でもお伝えしましたが、

「悩みの9割は人間関係にある」と言われ、退職理由の上位に挙げられるのも「人間関係」です。

人によって【人間関係が良い悪い】の感じ方は異なりますし、働いてみないと分からないことが多く、いじめがあるかなど人間関係を完全に見抜くことは難しいです。

ですが、一般的には病院と比較すると美容クリニックの方が人間関係の悩みは少ない傾向にあり、さらに美容クリニックの中でも男性看護師のいる男性専門美容クリニックでは、人間関係が悪いリスクが最も少ないといえます。

そして、美容クリニックの情報収集をする時点でも、ある程度は把握することが出来ます。

  1. 個人ノルマがあるところは人間関係が悪化しやすい
  2. 試用期間終了後〜1年未満の離職率を比較し、中堅クラスの看護師がいるかを把握する
  3. 面接の時は必ず一緒にクリニックの見学もさせてもらい、実際にクリニックやスタッフの雰囲気などから情報収集する
  4. そもそも男性看護師のいるメンズクリニックは人間関係が悪いというリスクが最も少ない

これらのことを踏まえて、美容クリニックの求人を見極めることで、

「美容クリニックに就職・転職したけど、人間関係が悪いところだった…」というような失敗をするリスクを減らすことができるでしょう。

この記事が少しでもみなさんのお役に立てたら嬉しいです。

みなさんの美容クリニックへの就職が上手くいきますように。

転職でこんなことが気になる、こういう内容の記事を書いてほしいなどのご意見があれば、ツイッターまたはお問い合わせフォームからご連絡ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!